体の隅々にまで行き渡る水素水

細胞の酸化は、様々な健康トラブルを引き起こします。たとえば血栓や動脈硬化、免疫力の低下などです。これらを回避するために、昨今では多くの人が、酸化を防ぐ抗酸化物質を摂取しています。

抗酸化物質には、ポリフェノールやビタミンCやビタミンEなどがあります。これらは、体内で細胞よりも先に酸化します。つまり細胞の身代わりになるということですから、そのため摂取すれば細胞が守られやすくなるのです。

そして水素水は、これらよりもさらに高い抗酸化作用が期待できるということで注目されています。なぜなら水素水に含まれている水素分子は、これらと比べるとサイズがはるかに小さいからです。具体的には水素分子は、ポリフェノールの約200分の1、ビタミンEの約400分の1のサイズです。

小さい分、水素分子は体の隅々にまでどんどん入り込んでいきます。毛細血管の末端にまで入っていくので、その分多くの細胞が守られることになります。

そのため水素水は、毛細血管の特に多い脳の健康維持のためにも飲まれています。飲むことで、脳梗塞や認知症のリスクが低下しやすくなるからです。家庭の水素水レンタルサーバーが便利です